サーフショップへの連絡情報表示 XTRサーフボードHPのオフィシャルサイトへ
サーフショップ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

栗田 祐紀

みなさまこんにちは!弊社は世界トップブランドから、カリフォルニアのコアーブランドを扱うサーフボード・サーフギアー専門会社の直営ストアーです。千葉の九十九里浜のビーチフロントにあるカリフォルニアアイテムをメインとしたサーフボード・ギアーショップとなります。最新素材のXTRTR素材&最新カスタムエポキシサーフボード(CI:Almerrick/Roberts/TOMO/Rusty/Pyzelなど)サーフボードの正規輸入総代理店として、カリフォルニア在住だったオーナーが、カリフォルニアからの最新素材・ボードデザイン・リアルな情報を皆様にお届けします。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

Album Twinsman(ツインズマン) 5'5"-19.38"-2.3" CL:29.0 カリフォルニアMatt最新シェイプ XTR素材 クリアー

■スペック■
長さ:5'5"
幅:19.38”
厚み:2.3"
ィン:Futures 2フィン
素材:XTR素材センターストリンガー XTR8.0(デッキ強化タイプ)
*素材・管理までこだわっている完全日本正規代理店モデル。正規ルートの100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングです。
CL値:29.0
ストック価格でお得価格です

*フィンは付属いたしません。
*プレミアムフィンを定価のお得価格で(フィンのメーカーによって15%〜25%オフ)アップグレードも可能です。アップグレードフィンはこちらでご確認いただけます。












■お勧め体重設定■

設定体重は何通りかあります。

アップスが出来る中級者で、59〜66圓らい。または今お乗りのパフォーマンスボードよりCL値は1〜3Lくらい上げるのおススメ。一般サーファーだったらパフォーマンスボードでCL値27前後に乗っている方が良いと思います。

・パフォーマンスツインとして動き重視ならパフォーマンスボードから+1L
・中間で+2L
・楽目で+3L

というイメージです。

または浮力は友達だねっという方や体力の衰えがあるベテランサーファーだったら54.5圈64.5圓らいで。

設定体重は上のお勧めだけにはとらわれません。CL値をご参考に乗り手が選ばれても大丈夫です。ご自分がアルタナ系に乗っているならその系統に合わせるのも1つのやり方です。弊社のオーナーは

ハイパフォーマンス:29L
楽目パフォーマンス:30L
ツインズマン:32L
Symphony:35.4L
ミッドレングス:40L

に乗っています。こちらの選び方も参考になると思います。

ボードには様々なサイズの取り方がありますので、ご質問があれば弊社のプロスタッフにどうぞお気軽にお問い合わせください。

【Asher Pacyの好みのパフォーマンスツインフィンボード】

ツインズマンモデルはスタイルサーファーのAsher Paceyとのコラボによってデザインされた次世代フィッシュボードです。トデショナルなツインのパフォーマンス性を数段階アップさせた機動性を持ち、同じAlbumのUFTモデルよりパフォーマンス度合いが高いのが特徴です。

動きが良くボードの反応性が高いボードで、波の上をスケートパークのように乗ることが可能です。ボードは

・幅広のアウトライン
・ウイングスワローテール
・フラット(若干のコンケー)デッキ
・弱めのロッカー
・シングル〜ダブル〜VEEボトム

を組み合わせていて、スピードがすぐに出せるけど乗り手も思い通りにボードを動かすことが出来るのです。

Asherツインシリーズは3タイプあります。すべてに特徴があって使い分けできるツインなので解説いたしましょう。

Twinsman(このページご紹介ボード:パフォーマンス度合いを重視したアルターナティブパフォーマンスツイン)
SunStone(これは一番ピュアーツインに近いタイプ)
Plasmic(ボンザー系チャンネル入りのツインフィン)

です。

さて、ここで多くの方が質問されるこのTwinsmanとLight Benderの違いについて話しましょう。

皆様はその見た目でLight Benderはウイング無しのスワロー、Twinsmanはウイングスワローということはすぐにお分かりだと思います。ですが、その特徴以外にデッキの違いにも注目したいです。

アウトラインでTwinsmanは、Light Benderに似ていますが特にデッキシェイプが異なります。Light Benderはよりショートボードよりのナチュラルなデッキ形状です。上の画像の一番下のボードがそれです。それに対してTwinsmanはデッキがフラット気味で、そしてテールは落としてあるデザインとなります。写真真ん中のボードがTwinsmanのウイングスワローテールバージョンで一番上が、Twinsmanのラウンドテールバージョンとなります。

このデッキとテールの違いによりその動きも違いが出ます。

Light Benderはよりショートボードフィールを持ったパフォーマンスツインとして
Twinsmanはフィッシュボードのドライブ&グライド感を持ちながら、ターンの際にはテールのウイングによりクイックさをクラシカルなFishよりパワーアップ

が主な違いです。

フィンのポジションを後ろ側にして、ウイングスワローテールを入れているのでターンの際にテールがグリップして、ツインなのにトライのようなグリップ感を出します。レールはダウンレールで、フォームをキープしながらも、厚みがあるのでとても乗り手にイージーで、スピードのロスが全くありません。

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

【シェイパーMattによる解説】


【Asher pacey with the twinsman model】



【Asher Pacey With Twinsman,Lightbender,Doomモデル】


【イスラエルの波でのテストインプレ】


【ボードテスでも超高評価!Josh Kerrも絶賛です】




■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:コンケーブデッキ&セミダウンレールボード
ノーズシェイプ:ハイブリットノーズ
テール幅:標準〜やや広い
エントリーノーズロッカー:弱め
テールロッカー:標準

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイック
フッターの適正:フロント〜ナチュラル〜バックフット
適正サーファー:初中級〜上級者まで

■適正の波■
対応のサイズ:膝〜頭半
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱め〜通常くらいのパワー

更に詳しくボードについてみるにはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/Album_Boards_Twinsman.html


*ショールーム(千葉県山武市蓮沼平151-2)ピックアップのお客様は2,000円の割引となります。
*沖縄・離島エリアは別途の追加送料がかかります。沖縄エリア+4,500円、離島(北海道+1,800円、四国+1,300円・九州+1,800円・その他は見積もり)はお見積もりとなります。ご注文後こちらより送料の見積もり連絡をさせていただきます。
型番 Album1672511
販売価格 147,963円(税込159,800円)
購入数
通常のフィン無で購入する
プレミアムフィンにアップグレードする(後程フィンのご選択についてご連絡させていただきます)