サーフショップへの連絡情報表示 XTRサーフボードHPのオフィシャルサイトへ
サーフショップ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

栗田 祐紀

みなさまこんにちは!弊社は世界トップブランドから、カリフォルニアのコアーブランドを扱うサーフボード・サーフギアー専門会社の直営ストアーです。千葉の九十九里浜のビーチフロントにあるカリフォルニアアイテムをメインとしたサーフボード・ギアーショップとなります。最新素材のXTRTR素材&最新カスタムエポキシサーフボード(CI:Almerrick/Roberts/TOMO/Rusty/Pyzelなど)サーフボードの正規輸入総代理店として、カリフォルニア在住だったオーナーが、カリフォルニアからの最新素材・ボードデザイン・リアルな情報を皆様にお届けします。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

JT That Hitter 5'4"-20 7/8"-2 5/8" FCS2 CL:34.0 ダークアーツストック予定

■スペック■
長さ:5'4"
幅:20 7/8”
厚み:2 5/8"”
ィン:FCS 供覆佑犬鮖箸錣覆ぜ茲螻阿啓哀侫ン)5フィン
素材:ダークアーツカリフォルニアハンドメイドのオールカーボンボード
*素材・管理までこだわっている完全日本正規代理店モデル。正規ルートの100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングです。
CL値:34.00
入荷予定:2021年12月〜2022年1月(前後の可能性がございます)

*フィンは付属いたしません。
*プレミアムフィンを定価から割引(15〜30%)アップグレードも可能です。アップグレードフィンはこちらでご確認いただけます。

■ボード解説■
設定体重はアップスが出来る中級者で61〜68kgくらい。初級〜中級レベルは上の推奨体重より−5kg前後、中〜上級レベルは+5kg前後が目安です。浮力に余裕を持って乗る感じで、通常のショートボードより3~5Lくらいは上げたほうが楽しい設定です。もう少し攻めたい場合は上の設定体重に+5圓らいしても良いです。

設定体重はあくまでも参考です。特にこのボードは浮力が多く、CL値や設定体重にとらわれないボードサイズの選び方ができます。

・ロングやファンからの移行の方はかなりゆったりと
・ショートボードに通常乗っている方はご自分の50〜55%くらいのCL値で
・トランジションボードが好きな方は55〜65%くらいのCLで

と例を出しましたが、幅広い選び方が可能です。

あのダークアーツカーボン素材を開発したJT(Junstin Turnes)のプロデウースブランドのJTサーフボード。そのメーカーの中での小波から肩頭くらいまでをホールドする短め・幅広・浮力たっぷりモデルのThat Hitter(ザットヒッター)です。

JT That Hitterは、小波〜中波で圧倒的な楽しさを追求したモデルです。そのワイドかつボリューム+フラットなロッカーで、小波や弱い波でまるで飛んでいるかのようなスピード感を味合わせてくれることでしょう。驚くことに、弱い・フラットな波でも全くスピードを失いません。

このボードは、もともとロングボードでしか乗れない(またはショートボードではサーフィンをあきらめる)ようなコンデション用に開発されました。

That Hitterはきちんと動きが出せるように、ショートボードレールを持ち、小波でもスタンダードなショートのようなターン性能を引き出します。幅広のテールエリアのおかげで、スピード性能を増していますが、パフォーマンスを全く阻害していないところも美点です。

That Hitterはどんなレベルの方でも楽しみを与えてくれるボードです。通常のショートボードより浮力は用途に応じて3L〜くらい増しを推奨します。圧倒的なパドリングとその浮遊感で、ロングコンデションでも生き生きと動きが出せる驚きのボードとなってくれるでしょう。フィンは5フィンが通常で、4フィン+Nubstarフィン(または4フィンオンリー)、またはツイン+1(ツイン+スタビ)で乗ることをおススメいたします。

その優れたシェイプが、ダークアーツテクノロジーのカーボン×エポキシ×バキューム工法で、軽く、丈夫で、そしてフレックス感の良いボードとなり、その性能が更にアップしています。このボードは混雑した局面でも、そのパドル能力&優れたテイクオフ性能でばっちり楽しめるカリフォルニアデザインのボードなのです。







【Dark Artsとは?】


Justin Ternes(ジャステン・ターネス:通称JT)は、ダークアーツサーフボードの開発者です。彼は、18歳の時に、自分が一番好きなこと(ライフの一部)だったサーフ業界の仕事を探しているときにイエローページで探した”グラッシング”の職業に就きます。

1990年に、カリフォルニアのサンディエゴのMisson BeachのFiber Glass Workで働き始めます。そこで、サーフボードの作成を一からすべて学びます。彼はサーフボードビルドの一流会社である、Rusty、Channel Islands、Stu Kenson、Hank WarnerやそしてChirstinsonなどで働きながら、その腕を磨いていきます。 そこで得た腕と知見を活かしながら、自分のサーフボードレーベルであるJTサーフボードを2001年に始めました。



グラス工場で働きながら、自分のレーベルボードをシェイプしていると、2006年にFirewireサーフボードからスカウトを受けます。Firewireはサンディエゴの工場のプロダクションマネージャーとしてJustinを抜擢すると、そこでJustinは新素材(エポキシやボード構造)について更に深い知識を得たのです。

Firewireは、その後コストカットのために工場をアジアのタイに移設することになりました。もちろんボードは作れるが、一流のボードを作るにはアジアの工場では成し遂げられない。。。ジレンマとともに、その過程でJustinはサーフボードビルドに対する問題点を発見します。



自分の究極のサーフボードビルドを極めるために、Justinはサンディエゴに新しいサーフボード工場をオープン。そこで、世界では誰も成し遂げられなかった高品質のカスタムカーボンサーフボード(100%カーボン巻きボード×エポキシ×バキュームグラス工法)をい考案するのです。



これに注目したワールドクラスのシェイパー達(Sharp eyeやPyzel)が、彼の技術にほれ込んでDark Arts工法でサーフボードを作り始めました。そしてついに2018年にこの優れた工法が世の中で認められることになったのです。

【ダークアーツの特徴】





ダークアーツカーボンは高密度&特注の2LBストリンガーレスEPSを使ったカーボンラップボードです。高密度EPSは乗り手のために、細かなシェイプ調整が可能です。

そのストリンガーレスフォームをまずは4OZのクロス×エポキシで巻きます。その後に3Kカーボンという宇宙&航空工学でも使われる”3K Carbon”を使ってエポキシ樹脂にて巻きます。その後に表面を綺麗に平らにするためにエポキシのホットコートで覆ったものがダークアーツボードです。

この工法を使ったボードは

.機璽侫棔璽匹縫戰好箸淵ーボン素材を使うことにより、スプリングバックの反応が自然かつ速いのでボードスピードが上がる&乗り心地が良い。

▲魯鵐疋瓮ぅ匹妊┘鵐献縫◆修気譴織棔璽匹髻▲丱ュームラップ工法でグラスすることにより、カーボンの密着がフォームに良くなります。つまりフォームと樹脂&カーボンの密着が良くて、フレックスに優れながらも、強度が高いボードが出来ます。

バキューム工法により、余分な樹脂がボードに乗らないので軽く仕上げることができます。








*このボードを予約をするにはカートに入れてご予約ください。
*ボードのご予約は30,000円の保証金(保証金は全体のお支払いの一部に充当)が必要です。
*保証金を差し引いた残金のお支払いは、サーフボード納品時となります。
*保証金の決済方法については、別途弊社スタッフより連絡いたします。
*ボードが完成しましたら、弊社よりお客様にメールまたは電話にて連絡をいたします。
*ショールーム(千葉県山武市蓮沼平151-2)ピックアップのお客様は2,000円の割引となります。
型番 JTThatHitter54
販売価格 157,222円(税込169,800円)
購入数
保証金の30000円を決済する
ボードの全額を決済する