サーフショップへの連絡情報表示 XTRサーフボードHPのオフィシャルサイトへ
サーフショップ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

栗田 祐紀

みなさまこんにちは!弊社は世界トップブランドから、カリフォルニアのコアーブランドを扱うサーフボード・サーフギアー専門会社の直営ストアーです。千葉の九十九里浜のビーチフロントにあるカリフォルニアアイテムをメインとしたサーフボード・ギアーショップとなります。最新素材のXTRTR素材&最新カスタムエポキシサーフボード(CI:Almerrick/Roberts/TOMO/Rusty/Pyzelなど)サーフボードの正規輸入総代理店として、カリフォルニア在住だったオーナーが、カリフォルニアからの最新素材・ボードデザイン・リアルな情報を皆様にお届けします。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

Tomo Hydro Short 5'8"-19 3/8"-2 9/16" CL:29.8 XTR素材 Carbon Bottom コンサインメント

■スペック■
長さ:5'8"
幅:19 3/8”
厚み:2 9/16"
ィン:FCS 供覆佑犬鮖箸錣覆ぜ茲螻阿啓哀侫ン)5フィン
素材:XTR素材 センターストリンガーフォーム
*素材・管理までこだわっている完全日本正規代理店モデル。正規ルートの100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングです。
オプション:Vail カーボンボトム(柔軟性と強度を併せ持つカーボン)
CL値:29.8
状態:ユーズド点数70~75点くらい

*フィンは付属いたしません。
*プレミアムフィンを定価の30%オフでアップグレードも可能です。アップグレードフィンはこちらでご確認いただけます。

■商品説明■

設定体重は何通りかあります。

週末サーファー(または週1〜2回で楽しむ)や年齢35歳以上でアップスが出来る中級者で、63〜70圓らい。ボリュームはCL比45%前後(43〜47)でイメージしています。

もう少しパフォーマンスを意識したい中級者であれば体重はCL比で40〜44%くらいのイメージします。となると、設定体重は67.5〜74.5kgくらいです。

そして浮力は友達だよ!乗ってなんぼですね。だけど全然動かないボードは嫌なんですという年齢を重ねてきたサーファーへのお勧めあれば、上の推奨体重を少し変えてお勧めをいたします。これくらいの数値ボリュームで、体重は55〜62圓らいのサーファーへ推奨です。またはご自分が乗られているハイパフォーマンスボードのほんのり上か、自分が乗られているボードが丸目であれば同じか若干下くらいの浮力数値で選んでみてください。ダニエルトムソンのボードの奥深さが味わえて、

”テイクオフとても速いけど、それでいてもかなり動かせるマジック”

というフィーリングが味わえる可能性大です。

また通常のスタンダードで28.3L〜29.3前後のスペックを持っている方へも推奨します。このHydronautはステップアップボード(肩くらいから〜ダブル下)なので浮力は0.5〜1.5Lくらい上げて余裕をもったほうが間違いありません。

ボードには様々なサイズの取り方がありますので、ご質問があれば弊社のプロスタッフにどうぞお気軽にお問い合わせください。

このHydro shortモデルは、ステップアップモデルのHydronautのステップダウンボードです。

Hydronautのフィーリングをよりコンパクトな波(低気圧や台風からくる胸〜頭半の整った波=Hydro Short Standard または腰〜頭半のデイリードライバーとして=Hydro Short Wide)で使いたい場合に選ぶべきボードです。Hydronauotより、短く・幅広に出来るので波のフェイスが小さくなっても、コンパクトかつタイトにボードが波にフィットします。

Hydronautをお持ちの方はCL値は同じくらいで長さは-2インチくらいをイメージされるとわかりやすいです。

これは通常の典型的なパフォーマンスショートボードより短く乗ることを推奨しています。

実際はオールラウンドボードとしても使えますが、波にそれなりの力があり、掘れている波が理想のコンデションです。フィンセットアップは3フィンか5フィンを推奨します。

さて、このHydroシリーズのShortバージョンのモデルをより深く解説してみましょう。このボードは、”スタンダードショートボード”からの単なる進化形ではありません。このボードはHydronautよりも波が小さめの場合に使います。波にはそれなりのパワーがあり、そして掘れている時でのHydronautのステップダウンボードです。デザインとしては、通常のボードなどより5〜6インチ短く出来るシェイプを持ち、ボードのスイングウエイトを軽くしていてより取り回しが良くなるのです。

ノーズは、特徴的なTorpedo系のノーズシェイプを持ちます。これにより、波が大きな際にはMPHのカットオフノーズより安定したテイクオフを実現して、レイトテイクオフなどの際のパーリングなどのミスを効果的に防ぐことが出来るのです。

このボードの最大の特徴は全体のロッカーラインと、ボトムに入れられているコンケーブ+チャンネルです。ボードのノーズからテールまで、深いシングルコンケーブ+チャンネルボトムを入れています。テールエリアにはそのコンケーブの中に、クワッドチャンネルを配置しました。このボトム形状に合わせるロッカーラインを入れることにより、高いボードのコントロール性を発揮します。これは従来のチャンネルボトムのような、スピードのみが出て、ボードのコントロール性が悪いボードとは全くコンセプトが異なるのです。

このボードのボトムは、スピードを保ちながら波のオープンフェイスなどでの取り回しの良さを引き出します。コントロール性能が高いのですが、チャンネルボトムのスピード性能の高さは高められていて、

”スピード&コントロール”

のバランスが極限までに高められているのです。

私がプロデゥースしている革新的なMPHデザインと比較すると、よりノーマルなショートボードのアウトラインに見えることでしょう。但し、私の追及するところはノーマルショートボードデザインが進んでいく方向性とは違います。私が追求したいのは

”サーファーに喜びを与えるサーフボードが持つべきピュアーなスピード感と、まるで波と一体化したようなコントロール性能”

なのです。もちろん、モダンショートボードと私のデザインが重なる部位もありますが、この短く・ノーズとテールのシェイプがほぼ同じ形状・そして比類なきボトム形状が、モダンショートボードには無い魅力をあなたに与えてくれることでしょうし、掘れた波用のデザインの新しいショートボードの形となるのです。ボードで不必要な部位を限りなく省き、最も効率的かつ機能的な形がこのHydroシリーズです。

これさえあれば、波が大きくても、どかっと掘れていても安心して波乗りが楽しめます。なにより自信を持ってそういった波に挑めるのが最高です。そして、速くて、テールがスライドせず、どんなステップアップボードよりもパーリングせずに、パワーかつ水量が多い場所の波でも、果敢にチャレンジできる信頼のおける相棒を持っているようにも感じるでしょ







素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

その他のTOMOとは異なり、こちらは大量生産ボードではありません。すべてUSAメイドでハンド仕上げの高品質ボードです。シェイパーのDaniel "TOMO”Thomsonが日本の皆様のために、ひとつひとつ丁寧に仕上げをしました。そして、グラッシング工場のカリフォルニアはオーシャンサイドにある世界屈指のカスタムエポキシファクトリーの”Epoxy Pro”が、最高のテクニック・素材を使って丹精こめて作り上げたまさに芸術品とも言える一品です。

こちらはシンプルなセンターストリンガーバージョンですが、その性能はプロも御用達の信頼のおける性能と品質です。水を吸わない魔法のフォームで、踏み込みをするたびにスピードがグングンとついていくスピードフレックスを持つMade in CaliforniaのXTR素材に、イタリアンメインドのストリンガーを入れた高い性能を持つプレミアム素材となります。

このボードデザインと素材は、世界トッププロを魅了してやみません。世界チャンプのKelly SlaterやTom Currenが自分のボードスポンサーがあるのに、敢えてTomoのボードに乗ります。それはTomoシェイプのボードに乗らないと、サーフィンの楽しみが半減してしまうような錯覚になってしまうからかもしれません。

弊社ではTomoボードのXTR素材を超一押しします。フレックス・耐久性・水を吸わないアドバンテージ・軽さまで、すべてにおいて他の素材を凌駕すると信じてやみません。

是非試してみてください。見た目とはまったく逆の乗りやすさと、サーフィンレベルが2も3も、いやサーフィンの楽しさが5倍も10倍にもなる素晴らしいシェイプです。

委託のユ’ーズドボードです。経年変化による色の変色(でもマッキッキではありません。しゃっしん参照ください)やかなり少な目のフットマークなどが中心(でも本当に少ないです)。ボトムも綺麗に保たれています。その他多少のえくぼ凹みや浸水の心配の無い内部の傷など(ですがあったとして軽微です)。ボードはとても状態が良いのがわかります。

点数は厳しめで70〜75点くらい(色が真っ白だったら85点レベル)とさせていただきますが、見たらすぐにわかる程度の良さも弊社が保証します。

価格も含めステップアップボードを探している方は絶対に買いのボードだと思います。本当に安定していて速くて、動きも十分出せます。日本の低気圧通過時&台風や海外トリップの際に、今まででは対応できなかった波に是非使ってみてください。

新品価格オプション込みで164,800円ですが、こちらは79,800円(税金・送料すべて込み)となります。デッキパットも貼ってあり、ワックスアップですぐに海で使えます。スペア―ボードに買っても良さそうですし、あの憧れのXTR素材のTOMOハンド仕上げを是非試したいかつこのサイズが欲しかったという方へお勧めです。

人気ボードで、これだけお買い得なボードはなかなか出てこない掘り出しもの(価格も含めて)なので、どうぞお早めにご検討くださいね。

【シェイパーのライド映像】


【シェイパーズブレイクダウン】


TOMOシリーズのHydronautのステップダウンモデルだ。Hydronautより短く・全体的にボリュームがあるシェイプを持ち、よりコンパクトな波にフィットする。革新的なデザインを使ったザインとなる。

■シェイパーのDaniel Thomsonについて&インタビュー■
AUSのレノックスヘッド出身。カリフォルニアはエンシニータス在住。豊かな波とカリフォルニアの革新的なデザイン&素材に刺激された世界屈指のシェイパーは、誰も考えられなかったような斬新(かつ機能する)デザインを考案することで有名です。彼の理論は、サーフボードの入らない部位をすべて取り除きながらも、ボードが自然にひねり出すスピードを楽しむデザインをクリエイトすること。HDシリーズもまさに彼のデザインの結集とも言えます。



■Hydrodynamica Test Pilotシリーズとは?■
サーフボード



Hydrodynamica Test Pilotシリーズとは、1940年代〜1950年代にカリフォルニアで名をはせたBob Simmonsのコレクションを現代の理論を使って復興させようとしたプロジェクトです。Simmonsのプレイニングホール理論を使って、未来系のサーフボードを作り上げるプロジェクトとなります。

プレイニングホールシリーズボードを乗ることにより、過去のサーフボードから現代のサーフボードへの進化を体感することができるのです。

プレイニングホールシリーズは、Simmonsのシェイプを体現するJohn Elwell、ハイドロダイナミカの総括をするRichard Kenvin。KeelフィンのクラフトマンのLarry Gephart、シェイパーのHank Warner、Larry Mabile、Carl Ekstrom、そしてDaniel Thomsonです。

このTest Pilotシリーズは軽量のカスタムエポキシボードでの始動をしました。理由はBob Simmonsが使っていた素材が、水を吸わないスタイロフォームだったからです。Bob Simmonsは、その素材の軽さ・取り回しの良さ・浮力に魅了されていました。そのBob Simmonsの歴史に忠実に、弊社ではスタイロフォームと同様のXTRフォームを使用します。

【Planing Hullデザインと現代ショートボードの違い】

サーフボード理論
*黒いラインがPlaning Hullデザインのカーブライン。より幅広・直線的なカーブラインです。白いラインは通常のショートボードのラインとなります。通常はPlaning Hullデザインはショートボードよりかなり短く長さを取るのが特徴です。オリジナルPlanng Hullデザインは凝縮した比率をもつデザインです。通常のサーフボードと比較すると、幅広・短め・よりフラットなロッカー・そして直線的なアウトラインを持ちます。

Planing Hullデザインは、前側1/3エリアはワイドで丸めのノーズ・まるで丸いスプーンのようです。そのアウトラインが、残りの2/3のサーフボードのエリアへと繋がります。レールは丸く、ソフト。テールエリアでエッジを立てるデザインです。そしてテールは10インチ以内のテールエンドで、ドラッグと抵抗を抑えます。フィンはよりレールに近い位置に設定してPlaningエリアを増やし、ドライブと安定感をボードに与えます。Test Pilotシリーズでテールにウイングが入っているデザインもありますが、それは前側のフィンあたりからです。その設定が、テールエリアに最大限の幅を与え、そしてテールを絞る効果があります。

従来のボードはロッカーカーブ・アウトラインカーブ・フィンのかたまりを利用して、テールエリアからの操作性を高めるデザインです。ただし、このデザインのためにスピード&トリミング性能は犠牲になります。

Planing Hullデザインはこれと対照的です。Plaining Hullのターンはレールからのターンとなるので、スピード&トリミング性能がキープされます。Planing Hullデザインを採用するボードは、長さをかなり短く出来るのでレールラインも短くなります、そのためにより鋭角なターン・フローター・エアーも可能です。

まとめると、Planing Hullはより速く・より直線的なカービングを重視したボードとなるのです。
*ユーズドのコンサインメント(委託)ボードとなります。
*ボードはお客様のイメージと異なる、サイズや厚みなどが気にいらないなどの理由・その他一切の理由による返品・交換・返金などは受け付けておりません。
*ユーズドボードですので、ご質問等ございましたら事前にお問い合わせをお願いいたします。
*表示価格は消費税&送料込みのお値段です。
*店頭のお引渡しの場合は2,000円の割引いたします。
*コンサインメントアイテムの決済は銀行振り込みのみの受付となります。原則商品お引取り時のクレジットカード決済・店頭クレジットカード決済はご利用いただけません。 例外としてオンラインでのクレジットカード決済またはPaypalでの決済を使う場合は商品代金に加えて3.5%の手数料ご注文いただけます。また、店頭クレジットカードの場合は商品代金に加えて5%の手数料にてご利用も可能です。
*コンサインメントボードは、ショップポイントはお使いいただけません。また購入によるショップポイントは付与されません。OGMポイントはお使いいただけます。
*沖縄・離島エリアは別途の追加送料がかかります。沖縄エリア+4,000円、離島はお見積もりとなります。ご注文後こちらより送料の見積もり
型番 DX15704
販売価格 73,889円(税込79,800円)
購入数
フィンセット無し
プレミアムフィンへ30%オフでアップグレードする(詳細はこの商品のご購入手続後メールにて連絡します)