カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

栗田 祐紀

みなさまこんにちは!弊社は世界トップブランドから、カリフォルニアのコアーブランドを扱うサーフボード・サーフギアー専門会社の直営ストアーです。千葉の九十九里浜のビーチフロントにあるカリフォルニアアイテムをメインとしたサーフボード・ギアーショップとなります。最新素材のXTRTR素材&最新カスタムエポキシサーフボード(CI:Almerrick/Roberts/TOMO/Rusty/AJWなど)サーフボードの正規輸入総代理店として、カリフォルニア在住だったオーナーが、カリフォルニアからの最新素材・ボードデザイン・リアルな情報を皆様にお届けします。

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

Tomo Diamond Tail 5'9"-19 1/4"-2 7/16" XTR7.C Carbon Tail Patch

■スペック■
長さ:5'9"
幅:19 1/4”
厚み:2 7/16"
ィン:FCS 供覆佑犬鮖箸錣覆ぜ茲螻阿啓哀侫ン)5フィン
素材:XTR素材 センターストリンガーフォーム
*素材・管理までこだわっている完全日本正規代理店モデル。正規ルートの100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングです。
付随オプション:C6 5ストライプカーボンテールパッチ(強度も高めながらフレックス性能を保持するプレミアムカーボン素材)
CL値:27.9

*訳あり(デッキ面ノーズのちょい下に輸送中についた小傷の補修アリ)ための新品未使用商品アウトレットセールとなります。プロ補修で性能に影響ございません。
*フィンは付属いたしません。
*プレミアムフィンを定価の30%オフでアップグレードも可能です。アップグレードフィンはこちらでご確認いただけます。



■商品説明■

あなたを体感したことのないレベルへ引き上げる超現代的サーフボードの神髄:フロー+スピード+ダイナミクスを高次元に融合したショートボードの究極系です。

設定体重は何通りかあります。

週末サーファー(または週1〜2回で楽しむ)や年齢35歳以上でアップスが出来る中級者で、59〜66圓らい。ボリュームはCL比44%前後(42〜46)でイメージしています。

もう少しパフォーマンスを意識したい中級者であれば体重はCL比で39〜43%くらいのイメージします。となると、設定体重は64.5〜71.5kgくらいです。または、ご自分がお乗りのポイントノーズのハイパフォーマンスボードに0.5L〜1.0Lくらい増しの設定でも良いです。

そして浮力は友達だよ!乗ってなんぼですね。だけど全然動かないボードは嫌なんですという年齢を重ねてきたサーファーへのお勧めあれば、上の推奨体重を少し変えてお勧めをいたします。これくらいの数値ボリュームで、体重は52〜59圓らいのサーファーへ推奨です。またはご自分が乗られているハイパフォーマンスボードのほんのり上か、自分が乗られているボードが丸目であれば同じか若干下くらいの浮力数値で選んでみてください。ダニエルトムソンのボードの奥深さが味わえて、

”テイクオフとても速いけど、それでいてもかなり動かせるマジック”

というフィーリングが味わえる可能性大です。

サイズ感で迷ったら(例えばCLの小さなほうと、CLの大きなほう)、大き目のCL値のほうをお勧めします。このボードはとても反応が良いボードなので、CLが多少多くても動きは出せるのです。

ボードには様々なサイズの取り方がありますので、ご質問があれば弊社のプロスタッフにどうぞお気軽にお問い合わせください。

【このDiamond Tail(ダイヤモンドテール)モデルについて】

2016年の世界ワールドツアーシーズンで驚異的なパフォーマンスを見せたStu Kennedy。ワイルドカード(けがの選手の代わりにワールド32人の選手が足りなくなった際にスポットが与えられる地位)ながら好成績を収めて、次の年のワールドツアーのクオリファイを決めました。ワールドツアーにQualifyするには、想像を絶するほどの過酷な競争があります。そのツアーに入るにはその年のワールドツアーで22位以内に入るか、ワールドツアーの下のツアーのワールドクオリファイイングシリーズで、10位以内に通算成績で入ることが必要です。

その厳しい試合でのシェイプはこれまた世界のトップのしのぎを削る戦いです。なぜならば、世界ツアー選手のボードにいする要求もこれまた想像を超える高さで、ミリ単位の調整が求められます。そんな世界ツアーでの好成績を収めたStu kenedyの重要なクイバーをシェイプするDaniel "TOMO” Thomsonが、そのツアーで得られたデーターとDNAを存分に入れ込み、そして一般サーファーが乗りやすいシェイプにアジャストしている新しいタイプのボードがこの”Diamond Tail”です。

このボードは、TOMOのポイントノーズシェイプシリーズでも、よりオールラウンドに活躍するようにデザインされたもも〜頭半くらいのサイズ用のオールラウンドボードとなります。

あらゆる波(つまりビーチブレイクからリーフ&ポイントまで)に対応し、日本のビーチブレイクでのパフォーマンスにおいてもあなたのレベルあげてくれます。テイクオフが早く、波のあらゆる局面で正確なターンが出来るのに、ボードが安定性いているといTOMOワールドのみ叶えられるシェイプとなります。このボードの素晴らしいところはそれだけはありません。

そしてサーフィンをしていて一番重要な

”乗っていてスピード感が高くて、とにかく楽しい”


というピュア―なサーフィンの喜びも感じられるところが一番の優れたとなります。今まであなたが乗ってきたどんなポイントノーズよりも体感速度が高くなることを目指してシェイプされていて、まるでF45戦闘機のようなコンセプトとなります。

同じTOMOがデザインした、Slater DesignラインのSci-Phiモデルにもアウトラインが似ているモデルですが、そのSci-Phiと比較すると

”長さは1インチ長く、幅は若干広く、厚みは同じくらい”

のサイズ感をとるのがベストです。テールにダイヤモンドシェイプを配置していて、レールラインも短くなるので、長さを上げても切れの度合いはキープされます。それでいて、全体の長さは上がるのでボードの安定性やよりオールラウンドに活躍する能力も上がりました。もちろんXTR素材の最大の強みの、ハンド仕上げシェイプなので微調整ももちろん可能で、長さをキープしたまた浮力を上げるやり方などもお勧めです。

ボードのノーズエリアは通常のハイパフォーマンスボードより広さがあり、波をキャッチするのが早く&かつパドルも楽目です。テールエリアもSci-Phi蕎りの幅広さを持ち合わせていますが、低速時と高速時でもボードのスピードをキープして、それでいて切れがある鋭角なターンも出せるようにアジャストしています。今まで旧来型のポイントノーズボードを乗っておられるサーファーが、もっとテイクオフスピードを速め、スピードの乗りが良く、このトロール性も申し分も無いというボードを探しているのであれば、まさにこのボードしかありません。



レールは水をスムーズにとらえて、引っ掛かりの無いターン性能を生み出すようにすっきりしながらも丸目のシェイプ(いわゆるローボキシーレール)を持ちます。このレールシェイプはTOMOボードに特徴的で、ターンの切れがあるのにボードが水に食いついてくれて、パワーを最大に生かしたレールターンを可能にするのです。



最大の特徴であるボードと水の最初の接水ポイントから、テールまで入るチャンネル2+4。また、まさにTOMOボードの真骨頂ともいえるボトムデザインです。ボードのセンターからテールまで入る2Hullチャンネル+4チャンネルが、更なるスピードとコントロール性を生み出すことが可能となりました。このチャンネルは、プロダクションボードのSci-Phiより長く入っていて、水の流れをより良くしていて、スピード性能が増しているという利点も出しています。

ボードのセンターエリアからテールエリアまでのチャンネルについてさらに解説しましょう。これは、黄金比を使った2チャンネル(TOMOはHullチャンネルとも言っています)がデザインされています。

センターに入っているHullチャンネルは、ボードのスピードと繊細さ(ボードの反応&コントロール性)を上げる効果があります。水の抵抗を極限まで無くし、ボードが浮き上がる効用も出します。

このチャンネルが、まるでパウダースノーの上を滑っているような滑らかさと、レールに荷重した際の反応の良さを生み出す革新的なボードのコンケーブデザインとなるのです。



テールエリアには、その2チャンネルの中に、さらにはテールにはダブルウイングバットテールと同調するようにデザインされた2チャンネルが入ります。つまりQuad用のサイドフィン上からテールエンドにかけては、4チャンネルとなっているのです。テールに入る4チャンネルは、ボードのスピードを上げながらもテールのグリップ力を増しています。

これらの革新的なボトムデザインが、彼が10年以上もかけて考案したロッカーラインと結びつきます。すべてのデザインコンセプトが有機的に結合し、ほかのボードでは絶対成し遂げることが出来ない超未来的なボードを生み出したのです。





これに乗ったら、もう通常の尖ったパフォーマンスボードにはもう乗れないという方が続出のボードとなります。細いパフォーマンスのようにスピードを出すことに努力することはありません。ピュアーなスピード感と、マジックカーペットに乗っているような乗り味を堪能ください。

サイズは最近流行りのショートボードと同じくらいの長さで良いでしょう。CL値に関しては、パフォーマンスボードと同じようなCL値か、0.5L〜1L前後くらい増しても良いです。

また、少し余裕を持ちたい方は、上の推奨のサイジングより1から2段階くらいサイズアップしても、そのボードの素晴らしさを体感(楽に乗れながらも、それでいて動かせるボード)出来るでしょう。

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

その他のTOMOとは異なり、こちらは大量生産ボードではありません。すべてUSAメイドでハンド仕上げの高品質ボードです。シェイパーのDaniel "TOMO”Thomsonが日本の皆様のために、ひとつひとつ丁寧に仕上げをしました。そして、グラッシング工場のカリフォルニアはオーシャンサイドにある世界屈指のカスタムエポキシファクトリーの”Epoxy Pro”が、最高のテクニック・素材を使って丹精こめて作り上げたまさに芸術品とも言える一品です。

こちらはシンプルなセンターストリンガーバージョンですが、その性能はプロも御用達の信頼のおける性能と品質です。水を吸わないフォームのXTR素材に、イタリアンメインドのストリンガーを入れた高い性能を持つXTR素材となります。

このボードデザインと素材は、世界トッププロを魅了してやみません。世界チャンプのKelly SlaterやTom Currenが自分のボードスポンサーがあるのに、敢えてTomoのボードに乗ります。それはTomoシェイプのボードに乗らないと、サーフィンの楽しみが半減してしまうような錯覚になってしまうからかもしれません。

弊社ではTomoボードのXTR素材を超一押しします。フレックス・耐久性・水を吸わないアドバンテージ・軽さまで、すべてにおいて他の素材を凌駕すると信じてやみません。

訳あり(デッキ面ノーズのちょい下に輸送中についた小傷の補修アリ。下記の添付写真参照)ための新品未使用商品アウトレットセールとなります。言われなければわからないかもしれない軽微なもの&プロ補修で性能に影響ございません。



こちらのTOMOのシェイプを是非試してみてください。見た目とはまったく逆の乗りやすさと、サーフィンレベルが2も3も、いやサーフィンの楽しさが5倍も10倍にもなる素晴らしいデザイン×素材です。











【ライダーのQuinten君のDiamond Tailでのライド映像】
*一部違ったモデルでも乗っています。


【シェイパーズブレイクダウン】


このDiamond Tailモデルは、ポイントノーズとしてはふっくらとしたアウトラインを持ち、切れのあるライドに加えてスムーズなレールToレールを引き出すデザインです。

センターよりテールまでの広めのアウトラインから、より弱い波でもMPHのスピード感を味わうことができます。

クリーンなアウトライン&スムーズなロッカーと、ボトムの2+4チャンネルがツインターボエンジンが付いたなスピードを与え、これでやや弱めの波から、ある程度のパワフル波まですべてをカバーします。

波のサイズはもも〜頭半ーサイズ推奨です。

【スタッフコメント】

最近はシェイパーのDanielさんは、ノーズありのボードの多く考案しています。ですが、彼のカットオフノーズもとにかく一度乗ったらそのヤバさに気づきます。

似たようなボードたくさん最近出ていますけど、彼のボードの素晴らしいところは

”引っ掛かりの無いスムーズかつ滑らかな乗り味”
”ターンやカットバックの最後にボードが突然変に動くようなことが無く、波と一体化する動き”
”ボトムターンの際もレールがずーっと水の中に入っているドライブ感”


なんです。

世界唯一それが最高に達成されているボードが、Danielデザインのカットオフボードです。見た目だけ真似をして、通常の幅が広めのショートボードのノーズを切り、レールライン少しだけストレートにして、ちょいロッカーを調整しているだけの模倣品とは研究開発の年月と濃密さが全く異なります。

世界中の波&トップレベルのサーファーや一般サーファーからのフィードバックを10年以上もデーターとして蓄積し、プロサーファーとして自らがテストをし、トライ&エラーを繰り返しついに完成させたいわば熟成を経ているデザイン&シェイプとなります。素晴らしさはデザイン&シェイプのみならず、優れた素材であるハイテクXTRフォームからも来ています。

以下のクリップを見てもらい、他社のクリップを比較してもらえば、そのターンの際のひっかかりというかスムーズかつナチュラルな動きの差は圧倒的とわかると思いますので、どうぞ比較してみてくださいね。



変に浮いたような感じでもなく、ぽよぽよ落ち着きのない感じでもなく、ターン半径がなぜだか大きいような感じがあり、動きがパタパタしているけどなんだか遅い感じにも見える?ということはありません。

波にしっかりとレールが食いつき、ドライブ感があり安定していて、それでいてターン半径がタイトになり、動きが生き生きしていて、速いです。

これぞ世界のWSLツアーからのDNAを引き継いだ、私たちが乗れる究極なカットオフノーズボードなんです。以下のURLリンクをご参照いただければ、なぜワールドワイドなサーファー&テストフィールドが大切かもはっきりとわかることでしょう。


http://www.xtrsurfboards-japan.com/WhyGlobalboard.html

■シェイパーのDaniel Thomsonについて&インタビュー■
AUSのレノックスヘッド出身。カリフォルニアはエンシニータス在住。豊かな波とカリフォルニアの革新的なデザイン&素材に刺激された世界屈指のシェイパーは、誰も考えられなかったような斬新(かつ機能する)デザインを考案することで有名です。彼の理論は、サーフボードの入らない部位をすべて取り除きながらも、ボードが自然にひねり出すスピードを楽しむデザインをクリエイトすること。HDシリーズもまさに彼のデザインの結集とも言えます。



■Hydrodynamica Test Pilotシリーズとは?■
サーフボード



Hydrodynamica Test Pilotシリーズとは、1940年代〜1950年代にカリフォルニアで名をはせたBob Simmonsのコレクションを現代の理論を使って復興させようとしたプロジェクトです。Simmonsのプレイニングホール理論を使って、未来系のサーフボードを作り上げるプロジェクトとなります。

プレイニングホールシリーズボードを乗ることにより、過去のサーフボードから現代のサーフボードへの進化を体感することができるのです。

プレイニングホールシリーズは、Simmonsのシェイプを体現するJohn Elwell、ハイドロダイナミカの総括をするRichard Kenvin。KeelフィンのクラフトマンのLarry Gephart、シェイパーのHank Warner、Larry Mabile、Carl Ekstrom、そしてDaniel Thomsonです。

このTest Pilotシリーズは軽量のカスタムエポキシボードでの始動をしました。理由はBob Simmonsが使っていた素材が、水を吸わないスタイロフォームだったからです。Bob Simmonsは、その素材の軽さ・取り回しの良さ・浮力に魅了されていました。そのBob Simmonsの歴史に忠実に、弊社ではスタイロフォームと同様のXTRフォームを使用します。

【Planing Hullデザインと現代ショートボードの違い】

サーフボード理論
*黒いラインがPlaning Hullデザインのカーブライン。より幅広・直線的なカーブラインです。白いラインは通常のショートボードのラインとなります。通常はPlaning Hullデザインはショートボードよりかなり短く長さを取るのが特徴です。オリジナルPlanng Hullデザインは凝縮した比率をもつデザインです。通常のサーフボードと比較すると、幅広・短め・よりフラットなロッカー・そして直線的なアウトラインを持ちます。

Planing Hullデザインは、前側1/3エリアはワイドで丸めのノーズ・まるで丸いスプーンのようです。そのアウトラインが、残りの2/3のサーフボードのエリアへと繋がります。レールは丸く、ソフト。テールエリアでエッジを立てるデザインです。そしてテールは10インチ以内のテールエンドで、ドラッグと抵抗を抑えます。フィンはよりレールに近い位置に設定してPlaningエリアを増やし、ドライブと安定感をボードに与えます。Test Pilotシリーズでテールにウイングが入っているデザインもありますが、それは前側のフィンあたりからです。その設定が、テールエリアに最大限の幅を与え、そしてテールを絞る効果があります。

従来のボードはロッカーカーブ・アウトラインカーブ・フィンのかたまりを利用して、テールエリアからの操作性を高めるデザインです。ただし、このデザインのためにスピード&トリミング性能は犠牲になります。

Planing Hullデザインはこれと対照的です。Plaining Hullのターンはレールからのターンとなるので、スピード&トリミング性能がキープされます。Planing Hullデザインを採用するボードは、長さをかなり短く出来るのでレールラインも短くなります、そのためにより鋭角なターン・フローター・エアーも可能です。

まとめると、Planing Hullはより速く・より直線的なカービングを重視したボードとなるのです。

*訳あり(デッキ面ノーズのちょい下に輸送中についた小傷の補修アリ)ための新品未使用商品アウトレットセールとなります。
*こちらはショップポイントは付与されません。ショップポイントやOGMポイントをお使いいただくことはできます。
*リピーター様へのデッキパットプレゼント対象外商品です。
*アウトレットセールはご注文後の、返品・交換など一切受け付けておりません。なおライドに影響の一切無い引っかき傷等の小傷・経年変化の色の黄ばみなどがある場合がございますが、そちらもクレーム対象外です。ライドに影響のある大きな傷や修理跡などは詳細に記載をしてございますので、ご参考ください。
*アウトレットアイテムですので、ご質問等ございましたら事前にお問い合わせをお願いいたします。
*表示価格は消費税&送料込みのお値段です。
*店頭のお引渡しの場合は2,000円の割引いたします。
型番 DX15212
定価 147,963円(税込159,800円)
販売価格 120,185円(税込129,800円)
購入数
 
通常のフィンセット無のまま購入する
プレミアムフィンへ30%オフでアップグレードする(詳細はこの商品のご購入手続後メールにて連絡します)