カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

栗田 祐紀

みなさまこんにちは!弊社は世界トップブランドから、カリフォルニアのコアーブランドを扱うサーフボード・サーフギアー専門会社の直営ストアーです。千葉の九十九里浜のビーチフロントにあるカリフォルニアアイテムをメインとしたサーフボード・ギアーショップとなります。最新素材のXTRTR素材&最新カスタムエポキシサーフボード(CI:Almerrick/Roberts/TOMO/Rusty/AJWなど)サーフボードの正規輸入総代理店として、カリフォルニア在住だったオーナーが、カリフォルニアからの最新素材・ボードデザイン・リアルな情報を皆様にお届けします。

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

Rocket 9(ナイン) 5'9"-19 1/2"-2 1/2" XTR7.C Carbon Tail Patch

■スペック■
長さ:5’9”
幅:19 1/2”
厚み:2 1/2”
フィン:FCS 2(ねじを使わない取り外し式 3 フィン
フォーム&グラッシング: センターストリンガーXTR7.C(エポキシ+水を吸わないカスタムフォーム)
*素材・管理までこだわっている完全日本正規代理店モデル。正規ルートの100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングです。
XTR特別付属オプション:C6 Five Stripe カーボンテールパッチ
テール:スワロー
CL値:29.8

*フィンは付属いたしません
*FCS兇離侫ンボックスに、別売りのフィンスペーサーを使用することにより以前のFCSタイプのフィンも使用可能です。
*お客様のお好みで選べるFCS兇離廛譽潺▲爛侫ンを定価の30%オフでアップグレードも可能です。

■商品説明■
設定体重はアップスが出来る中級者で66〜73kgくらい。初級〜中級レベルは上の推奨体重より−5kg前後、中〜上級レベルは+5kg前後が目安です。CL値としてはだいたい41%〜45%での目安を作っています。

ハイパフォーマンスボードを持っていて、そのボードの使い分けでお考えの方や、ハイパフォーマンスボードの買い替えを考えている方はこのような選び方もお勧めです。その選び方とは・・・今お持ちのハイパフォーマンスボードと比較して、CL値このモデルでは1〜1.5Lくらい増やして乗るというのが弊社のお勧めです。パフォーマンス性も十分・パドルちょい楽・フラットセクションや弱めも全然得意だというグットボードになってくれるはずです。

もともとのボードの特性はパフォーマンスボードだし、パドルが弱めの自分には浮力は友達だよという、世界基準に正しいボード能力を持った方。そして40歳以上または体力が年齢とともにかなり低下しているなあ・・・という方で浮力に少し余裕が欲しいと言うおじさんサーファーだったら、体重59〜66kgでもぜんぜん問題ありません。むしろ少し浮力に余裕を持って上げてもその高いパフォーマンス性能は保たれます。

上の推奨体重はUSのメーカーサイトよりも少し余裕を持っています。弊社の推奨体重は、過去10,000本以上サーフボードを日本の皆様に販売してきた弊社が計算した、より中級者の日本人週末サーファーに適正の浮力感です。また、弊社のボードは日本向けにカスタムチューンしてストックボードとしてオーダーをしています。ですのでUSの本国向けのボードとの違いもございます。推奨に若干の違いが出ていることをご理解ください。

カスタムオーダーのアドバイスも数多くのお客様に行ってきて、そのアドバイスの経験も十分生かしたサイズアドバイスです。また、カリフォルニアのメーカーとの深いコネクションを生かしシェイパーとの連携も密にしていています。是非ご参考ください。

【日常的な2ft(もも)から6ft(オーバーヘッド)の波でどんな状況でも使えるデイリードライバーモデル】


このロケット9は、あなたがサーフィンをする80%以上確立を占めるアベレージウエーブでサーフィンを楽しむため開発されました。

平均的なコンデションでのサーフィンを快適にするための要素をすべて備えている、オールラウンドショートボードです。そして、サーフィンをするブレイクや風向き、そして波の状況に左右されずに安定した力を発揮します。ボードの対応の幅の広さも特徴なのです。ビーチブレイクからオープンフェイスのあるポイントブレイクまですべての波に対応出来ます。

例えばビーチブレイクのサーフィンを考えてみましょう。ビーチブレイクは変化の激しい場所です。皆様も良く知っているように、力が無いセクションがあったり、波が急に掘れてきたりと、コンデションの変化の上下があるのが特徴となります。ポイントブレイクのように乗ってしまえば、あとはショルダーがあって快適なライドを約束してくれるわけではありません。インサイドまでうまく乗り継ぐのはビーチブレイクのほうが難しいかったりもします。

ですが、このモデルを持っていれば、ビーチブレイクでも心強いパートナーを手に入れたようなものです。Rocket9はスピードを出したい時に簡単にスピードが出せるので、フラットなセクションや力の無い波であっても波を駆け抜けていきます。抜けられないかな?と思ったセクションでも抜けてしまうのです。

それでいて、短めのレングスとテールのシェイプ(絞られたテールエンドとスワローテール)、そして世界のCIサーフボードのデザイン理論を生かしたコンケーブ&ロッカーラインによりタイトかつラディカルなターンが可能です。

ビーチブレイクでの強い味方のモデルですが、ライダーのDane Gudauskas(デーン・ガダスケス)は、このボードでモロッコのビックオープンフェイスがあるポイントブレイクでもテストしています。そしてこのボードのデザインの奥の深さを体感しています。見た目のシェイプよりビーチブレイク用?と思っていた彼の期待を良い意味で裏切ってくれました。それほど調子良さを出してくれたのです。まるでカービング用のスノーボードでオープンスロープを滑る時のような、サーフボードとしては新しい感覚もあったと言います。

ビーチブレイクで最大の力を発揮して、いざという時はリーフやポイントブレイクでも使える・・・まさに私達一般サーファーにとって理想的なこのボードには、熟成されたデザインに秘密があります。では、そのデザインを解説しましょう。

・前側に広さがあるアウトライン
・パドルの際の胸エリアにボリュームを持たせたフォイル
・弱めのエントリーロッカー
・センターのロッカーは弱め
・プルインされたテールエリア
・レールロッカーはテールエンドで強め
・スワローテール
・シングル〜ダブルコンケーブ〜軽めのVEE


広く取られた前側のアウトラインと弱めのエントリーロッカー、厚みを増しているノーズエリアは、ポイントノーズを持つショートとしてパドルとテイクオフのイージーさは高レベルです。パドルが楽で、テイクオフが速いことは、私達一般サーファーに嬉しい要素です。

センターに仕込まれた爆発力が高い深いシングルコンケーブが、まさにサーフボードのエンジンのようにテイクオフ後にサーフボードのスピードを最大化します。深いシングルコンケーブだと波のバンプを拾ってしまう?と思ってしまうのですが、これはグローバルスタンダードのボードには当てはまりません。深いシングルといっても、コンケーブ無いのフラットなエリアを増やしているので、過去のボードとは比較にならないほど荒れた波のパワーをうまくボードが吸収してくれます。

このコンケーブラインは、ボードのスピードを限りなく高めますので、「素早く波をキャッチして、すぐにトップスピードに持っていけるようになるのです。一般サーファーが本当に求める最新のサーフボードで、テイクオフから走り出し後に必要なすべての要素を兼ね備えています。

そしてテールエリアの絞り込みをしたシェイプと、スワローテールによりサーフボードのコントロール性と波のトップでのスナップの効いた”シャキッ”としたフィーリングを生み出します。ロッカーラインも、テールのレールロッカーは強めているので、水のリリースが高くなるので体重移動で簡単にターンが可能です。もちろんフィンエリアからテールエンドに入るダブルコンケーブも、水のリリースとスピードの維持に役に立っています。

とにかく波をキャッチするのが早く、スピードの乗りが最高で、ハードなターンがアベレージな波で心地良く体感できるオールラウンダーです。

サイズのイメージは

自分が乗っているハイパフォーマンスボードから2インチ前後短め・幅は1/2前後広め・厚みは1/8”厚め

がメーカーの推奨のサイズです。ですが、年齢を重ねた体力が落ちてきたサーファーだったら、サイズをアップしてもお勧めです。詳しいことはXTR素材という最新ハイエンド素材ということもあり、弊社のXTR素材CIサーフボードのプロに専門のカウンセリングもどうぞお気軽にご利用ください。

弊社は日本のXTR素材の総代理店であり専門店であるので、CIサーフボードはすべてXTR素材にてご提供いたします。USにあるラック品ボードより品質とシェイプのクオリティーを上げ、日本のお客様に安心して世界トップブランドのXTRサーフボードをお乗りいただけるようしています。

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。



【CIサーフボードのBrit Merrickによる解説要約】
*一部メーカーとの実際の対話による追加の加筆も加えています。


このRocket 9モデルはライダーのDane Gudauskas(デーン・ガダスケス)と、彼の兄弟のPatrick、Tarnerらと共に開発された私たちが自信をもってお勧めする素晴らしいボードモデルです。

ボードは、いわゆるオーソドックスなハイパフォーマンスボードのステップダウンモデルです。ステップダウンモデル?というとなじみがありませんが、セミガンやガンボードをステップアップボードと呼ぶことを考えるとわかりやすいかもしれません。つまり、通常のパフォーマンスボードでは最高の力が発揮できないより弱め、小さ目の波に対応するボードなのです。通常のハイパフォーマンスボードより2インチくらい、そして1/2”インチくらい幅広で、厚みは1/8”くらい厚めをお勧めします。

少し余裕を持つサイズとしてはCL値で考えると、ハイパフォーマンスボードと比較換算して約2L前後くらい+して乗れば良いのです。ハードに攻める方は、ご自分の持つハイパフォーマンスボードにほんのりCLを加える(1L以内)のがお勧めです。

このボードは、通常のハイパフォーマンスショートボードのようにスピードを出すための努力が要りません。つまり、ボード自体がスピードを出してくれるのでボードを激しくPushして、スピードを出そうとしなくても良いのです。

これらの性能を出すデザインの工夫がこのボードにはたくさんあります。

まずはアウトラインを見てみましょう。

ワイドポイントもサーフボードの中央より少し前にしてありますし、前側に幅を持たせています。そしてサーフボードの前側にも多くのフォームを配置して、厚みを出しています。これがパドルをするスピードと、サーフボードのフロー(つまり浮く感じ)を出します。

これと対照的に、テールはかなり絞り込まれています。

ライダーのDane Guduskusは、このサーフボードには

”もともと波があまり良くないカリフォルニアのアベレージ系の波(皆さんのイメージと異なり、カリフォルニアはハワイやオーストラリアより波がかなり弱く、より日本に似ています)で、サーフフボード自体からスピードを出す能力が高いこと。そして、ターンをする際にはレールに体重をフルにかけて、深く・ドライブが効いていて、それでいてハードなターンをしたい。”

ということを望んでいました。このRocket9はまさにDaneの要求をすべて満たすデザインなのです。

サーフボードのフロー(スピードが出る能力)は、幅広・厚めの中央からノーズエリアと、弱めのエントリーロッカーが引き出し、優れたターン性能は、絞り込まれたテールとテールのロッカー形状・コンケーブ形状から引き出されます。

ロッカーの特性を見てみましょう。

エントリーロッカー(ノーズロッカー)は弱めです。テールロッカーはそのレールロッカーは強めています。このボードにはCIサーフボードのビーチブレイクで得意な2ステージロッカーを採用しています。

サーフボードにスピードを与えるエンジンの役目をする、センターエリア(前足からフィンの前あたりまで)のロッカーはかなりフラットです。それだけではターンの能力が高くなりませんから、前側のフィンエリアからテールエンドまでのロッカーは強め(実際はレールロッカーが強め)です。

フィンの間はダブルコンケーブで、テールエンドには軽いVEEが入ります。

ボードには深いシングルコンケーブが入り、フィンエリア付近からダブルコンケーブ、そしてテールエンドはVEEが軽く入るという構造です。このシングルコンケーブが爆発的なスピードを生み出します。深めのシングルコンケーブからダブルそしてVEEにつながるこのコンケーブ構造は、スピードを出したい場合(つまりターンをしない状態)では、スピードが最大化されます。

強めにとっているレールロッカーとアウトラインカーブは、レールに荷重した際(つまりターンをする際に)には、そのカーブラインが効果的に機能して、ターンのキレが増すのです。

CIのチームライダーやファクトリーで働く職人なども、このボードを気に入っていて絶賛しています。このボードはビーチブレイク用として高い性能を発揮しますが、Daneは波のフェイスが広いポイントブレイクでも乗っています。

どんな状況にも対応しうる幅広さがボードのデザインに備わっているのが最大の特徴です。Turnerは、ツインフィン+センタースタビライザーでこのボードに乗っていて気に入っています。通常のショートボードだと、ツインフィンセットアップはいまいちしっくり来ないので、ピンと来ないかもしれません。

ですが、このRocket9のシェイプデザインはツインフィン+スタビライザーセットアップでも確実に機能するようにデザインされています。奥深いシェイプ理論がぎゅっと詰まっていますので、あなたも是非そのセットアップをしてみてください。新しい発見があるはずです。

このボードは乗った方から多くのグットフィードバックを受けています。それもそのはず。とても乗りやすく、パドルが楽で、波の上でハイスピード出る・・・素晴らしいボードなのです。是非このボードに乗ってみてください。





サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。



■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:やや広めのポイントノーズ
テール幅:絞りこみがあるテール
エントリーノーズロッカー:弱め
テールロッカー:標準〜やや強め
ロッカーのスタイル:2ステージロッカー
アウトライン:曲線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックスタイル
フッターの適正:ナチュラルフット
適正サーファー:中級〜上級者まで

■適正の波■
サイズ:もも〜頭オーバー
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱めから中くらいのパワーの波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ。XTR素材へのお勧め詳細は、弊社の是非ボードプロアドバイザーへお問い合わせください。

■標準サイズのスペック■
*XTR素材はストックであっても、素材を選び抜いて軽さなども考慮し、日本向けにカスタムオーダーしているのでCLが若干異なることがあります。


お客様のお好みに合わせた、カスタムオーダー(サイズ調整やXTRの3Dカーボンや、ストリンガーレスカーボンなどの素材などの選択もすべて可能)も可能です。カスタムオーダーをご希望の方は以下のページからオーダーください。オーダーチャージは無料です。

カスタムオーダーをするにはこちらのオーダーフォームから




【Alex Grayのライド】


【Alex Smithのライド】


*ショールーム(千葉県山武市蓮沼平151-2)ピックアップのお客様は2,000円の割引となります。
型番 CI5119
販売価格 129,444円(税込139,800円)
購入数
 
通常のフィン本体無しで購入する
プレミアムフィンへ30%オフでアップグレードする(詳細はこの商品のご購入手続後メールにて連絡します)